eastblog

みなぎるいーすと家ブログ

貞子やでとはどんな奴?

 

f:id:Eastkin:20170913100341p:plain

 

どうもーーー!

 

貞子やでですーーー!

 

常にボーっとしてる貞子やでです

 

今日はわたしの生い立ちをちょっと書きますかねー

内容が重いので読みたい人だけ読んでくれればありがたいですーー!

 あと超長いのですんません(;^_^A

 

 

何から書こう・・・(;´・ω・)

 

えっとー

現在41歳のBBAです(笑)

 

幼少期

生まれたとこは大阪のど田舎の寺の娘だったんですねー。

最終的に父がお坊さんもうやりたくないーーーー!!って辞めちゃったんですけど(;''∀'')

下に妹弟が3人いまして

だいたい姉弟で外で遊ぶことが多かったです。

親は寺の仕事でほとんど遊んでもらった記憶ないんですけども。

土日は法事とかあるんでお手伝いもしますしー

常に父親は家にいるんで

一般家庭がうらやましかったなー(笑)

境内の掃除やら大広間の掃除やら

もーお手伝いが嫌で嫌で(笑)

遊びたいーーー!!遊びに連れってってもらいたいーーー!!

そんな感じの子供時代でしたなー

小学校低学年は結構いじめられてましたねー

でも今と比べると可愛いもんでした♪

なんか登校班とかの地区の集まりとか定期的にあるじゃないですか

そこで班長みたいな人が「何か意見ありますかー」みたいなことを

一人一人聞いていくんですけども

特に何もないんで毎回「わかりません」って答えてたんです。

毎回意見する人はすごいなーと思ってました。

これが班長の気にさわったんですかねー

私が発言する前に「わかりませーんやろー」って

いじられるようになり

なんかあるといちゃもんつけられるようになってました。

ある時は、急に担任の先生が家に来まして

「先生は信じてないんやけどな、お前らが壁に落書きしたって話を聞いたんや。

あそこの壁に落書きしたか?」

と言われたんです。

公民館みたいな遊ぶ場所があるんですけど

そこの壁に落書きされたみたいなんですねー

その落書きが私と妹がやったんだと誰かが先生に言ったそうなんです。

確か小学3年生の頃だったと思います。

まったく記憶がない私たちで、そのことを先生に伝えたんですけども

「おまえたちがやったってゆう話が来てるから、悪いけど先生と一緒に落書き消してくれへんか?」

と言われ、消しに行くことにしました。

その時は、全然嫌な気分もなくただ落書きを消しました。

先生の信じてるって言葉や態度にウソくささが全くなかったからかもしれないですねー(笑)

ただお手伝いしてるって感じで作業した記憶あります。

それから数日たって壁の落書きの真犯人がわかったとHRで先生が報告してくれました。

「みんなちゃんと聞いてや。この前の落書きの犯人がわかったんや。

あの落書きは貞子とちゃうかった。犯人の名前はゆわんけどな。」

先生はそのあと私だけ呼び出して教えてくれました。

「すまんかったな。あの犯人はSとTがやったんや。黒板の落書きと同じ絵が描いてあったからわかったわ。」

先生のなんてゆーんでしょー

心からの言葉と態度で、全然嫌な気分でもないし怒りも起きないし

なんか穏やかで聞き入れることできたんですよねー

3年の担任の先生は怒るとすごい怖いんですけど、とっても面白くてとっても素敵な先生で大好きでした。

氷山に登ったときのうんちの処理とか、実際に体験した怖い話とか

授業中にしてくれるんです(笑)

障がい者の方々と陶芸をさせてくれたり、外で学ぶことを先生はいろいろ教えてくれました。

私の人生はそこから変わっていったような気がします。

先生のおかげで性格が明るくなっていったんです。

それまではほんとおとなしい究極の人見知りだったので、いじめの対象になりやすかったんでしょうねー

靴をかくされたり、どぶに落とされたりかわいいいじめですけどね(笑)

今思えば。

でもそれで人生嫌だーとか思ったりすることはなかったなー

あんまりそこまで気にしない性格だったのかもしれません(;´・ω・)

そんな子供時代でしたねー

子どもの時の記憶は障がいを持った弟の面倒を見ることがほとんどだった気がします。

もうねーー!

小さいときの弟はねー!

かわいいんですよーーーーーーーーーーー!!!

マルコメ味噌のマルコメちゃんみたいに!!!

だから面倒見るのはそんな嫌ではなかったですねー

ただ弟をバケモノとかいろいろ言われるのが辛かったぐらいかなー

20代前半 

大人になっても弟の面倒は見ていました。

弟は中学まではみんなと同じ学校へ行ってたんですけど

高校から養護学校に行くことになりました。

弟のおかげでいろんな障がい者障がい者を家族に持つ方々と触れ合うことがあり

いろいろ学びました。

20歳のときに両親が離婚することになり

母は父側の親戚に責められまくりました。

親戚会議には私も同席し、父側の親戚から聞きたくない言葉たくさん聞きました。

お寺の世間体をどうしてくれるんだとそればっかり。

檀家さんにはあんた一人であいさつに行きなさいよ!!みたいなことばっかり。

何かあればこっちに責任押し付けるくせに、困ったときは何もしてくれない親戚は大嫌いでした。

母側の親戚は大好きでした。

みんなあったかくて思いやりある人たちだったので。

母はやっと自由を手に入れました。

 

20代後半

妹と一番下の弟は父側に。

わたしと障がいを持つ弟は母側に。

母が仕事をし、私は時間の融通きくバイトで弟の面倒を見ながら過ごしました。

弟の面倒はみんなそこまで見ないとゆうかー

イライラするみたいなんですよね。

母も四六時中は無理な感じが見ててわかるんです。

だから私が面倒見ようと。

できることはなるべくやろうと。

彼氏がいてもクリスマスとか夜まで出かけるとかになると

弟が気になって快く出かけれないんですよねー(◎_◎;)

弟いるからーって断ったり、可能なら一緒に連れて行ってもいいかなとお願いしたり。

家で一人にさせるのは危ないので、バイト先にも無理を言って一緒にいさせてもらうこともありました。

でも遊びたいときもありましたー!!

家にかかる費用は母に任せっぱなしで、助けることもせず

母は苦労しただろうと今は後悔してます。。。

その代わり弟の面倒はそれなりに見てこれたとは思っています。

学校のイベントや送り迎えや弟を連れて遊びに連れていけることぐらいはできたかなーと。。。

妹も下の弟も父も母もそこらへんは構ってくれないと感じていました。

父は八つ当たりすることもありましたし、妹は犬猿の仲のような関係で

弟といつも喧嘩でしたし。

私しかいないんじゃないかと感じていました。

それは今も感じています。

母は昔話の時いつも言います。

私に弟を任せっきりで悪かったなーって。

でも嫌々で面倒みたことはないから全然気にしてません♪

むしろ弟がいてくれたからいろんなこと学べたと感謝してますものー!

弟は今は社会福祉施設でずっと生活しています。

そこの施設で運動会があると必ず行きます。

母は仕事で行けないので我が家で行くようにしてます。

二週間弟が帰省してきたときはなるべく出かけるときは弟も連れて楽しませたいと思って出かけます。

母は四六時中一緒にいると疲れた顔になるので、ゆっくりしてもらおうと弟を連れ出します(笑)

もっとイベントに顔をみんな出してくれたらなーとは思いますけど

我が家だけでも参加すれば弟は喜んでくれるからいいやーと思ってます。

そんな感じで今まで就職はしたことないんですよねー

20代半ばぐらいに母と喧嘩しまして、父のほうに戻るんですけど

母が当時付き合っていた人がいまして、その彼氏が家に居座るようになったんです。

我が物顔で!!!!

母はいなくても奴がいることに嫌気がさして出ちゃいました(;´・ω・)

でも母との関係は疎遠になることもなく連絡もふつうに取り合い良好でしたよー

最終的に奴は母の貯金を盗んでトンズラしましたけどね。

母もこれで痛い目に合ってわかっただろうと思ってます(笑)

恋してると何言っても跳ね返されますからね~

むーさんの出産に至るまで 

父のいる寺に戻ってからは水商売していました。

田舎のお店なのでおじいちゃんが多くて、会話も畑や米の話とか農協の話とか(笑)

そんな時に出会った人がいるんですけど

お客さんじゃないですよ(笑)

その彼氏が最悪でしたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

後輩の保険証で診察受けたり、その保険証で金借りたり

喘息がひどかったみたいなんですけど

発作がでたときは、どうしたらいいかわからず戸惑っていれば

「背中さするとかできるやろ!!」とか

背中さすれば「そんなんで楽にならへんわ!」とかー

もう一緒にいたらストレスが溜まってたまってしょうがなかったんです。

そしたらある日メールが来まして

知らない女の子から。

○○くん(彼氏)が苦しんでるようなので救急車呼んであげてくださいとかーーー!!

おいーーーー!!横にいるわてに言えやーーーー!!ってなりますわな

苦しいときその子にメールでやり取りしてたらしいです

そのあと発作がひどくて意識朦朧になり救急車呼んだんです。

それまで何度も救急車呼ぼうか?って聞いてたんですけど

「いい!呼ぶな」ばっかだったのに

その子には苦しいとかいろいろ言ってたみたいでして

意味わからん ヽ(´Д`;)ノってなりましたね(笑)

心臓停止までなり、入院することになったんですよ。

救急隊にいろいろ聞かれますよねー

名前とかいろいろー

そしたら普通に答えるじゃないですかー

それを知った彼氏は「なんで名前ゆうねん!!俺保険証ないねんぞ!」

(´・ω・`)知らんがな・・・・

それから私はもうついていけへんと思いましたねー

お見舞いに行けばうるさいし

行かないとうるさいしー

そんなある日メールが来たんです

「お前ほんま冷たいな。。。もう俺死ぬわ・・・今病院の6階におるねん」

普段から何かあると死にたいってゆうんですよねー

 

死にたかったら死んだらいいやん。ほんまに死ぬ人はそんなんゆわんと死ぬで。

 

「おまえ冷たいなー」

 

で終わるんですけどねーいつもだと。

お見舞いに行かないからってウソの飛び降り宣言メール送ってきたんですけど

なぜウソってわかったかと言いますとー

 

その病院。。。

 

4階建てだったんです・・・

 

なんでこんなわかりやすいウソつくんだと

 

もう放置でした

 

そんなこんなでストレスが胸にチクッチクッってくるのがわかって

これじゃだめだ!!わたしダメになる!!

と思って別れを告げました。

 

長距離トラックの仕事してた彼に家にあった彼の荷物を届けにいったんです。

そしたらですよ

まー男ってなんでこうなんでしょうねー

最後に一回だけしよって

下半身丸出しになって襲ってきたんで

ドア開けっぱなしで出てってやりましたよ!!!

今まで付き合った人で浮気やら二股やらされたことはありましたけど

一番最悪な彼氏でした(◎_◎;)

 

それから数日たって生理に異常があったんです

子宮筋腫かも!!!と思って病院行ったんです

 

先生から「妊娠の可能性とかありますか?」と聞かれたんですけど

「ないないーーwないですね(笑)」と答えました

一応見ておきましょうかーと言われて

エコーで見たら

「おめでたですね」

と言われました。

むーさんが私のなかで芽生えてたんですーーー!!!

私もう妊娠とか出産はあきらめてたんです。

高校の時に最初無理矢理付き合うことになり、無理矢理sexされてた時期があったんです。

最初は好きでなかったものの、すごく優しい人で惚れてしまったんですよねー

別れることもできず嫌とも言えず言われるがままされてたんですけど

中だしとか全然知識なくってですね。

毎回なんか出てくるのはこうゆうもんなんだと思っていたんです。

ゴムしてって言ったらゴムしてるって言うんで信じてたんですねー

そしたら妊娠してしまったんです。

そりゃそーですよねー

ゴムしてないですもん!!

妊娠を告げると即答で堕ろしてくれって言われました。

母にも相談しました。

高校生で育てられるわけないと堕胎することに決めました。

手術当日は一人で行き、帰りは彼氏が迎えに来てくれました。

しかしその夜にまた体を求めてきました。

必死に逃げました。

安静にしておいてと言われていたのに。。。

全身麻酔で体がまだふらふらするのに・・・

なんとか自分の体を守り、後日別れを告げました。

そこからは小さい子供を見ると切なくなりました。

妹が妊娠して出産したときは自分の子供のようにかわいがりました。

わたしはもう産めないかもしれないしなー

産むチャンスもないかもなー

あのとき安静にしてれば子宮はまだましかなーとか

もう産めないだろうなーと思い込んでました。

だからむーさんがお腹にいるのがわかったとき嬉しかったんです。

でも勝手に産むのはどうだろう・・・と悩み

産むことを伝えるために連絡しました

するとヨリを戻せると喜んでいました

いや、ヨリは戻したくない。。。ただ勝手に産むのはどうかと思って・・・

私も勝手だとは思ってたんですけど

どうしても生みたかったんです。

俺頑張るから!!俺で我慢しろよ!!

父親がいないのはかわいそうだし。。。頑張ると言ってくれるなら信じてみるかなーと思って結婚を決めました。

でもやはり人間そうそう変わらないですよねー

テレビ見てて「こいつブッスやなー!」とかそんな人を馬鹿にすることばかり言う人の横にいたくないと思って

それよりもこんな言葉をむーさんに聞かせたくないとか思ってました。

そして母に挨拶に行こうとしたその日に事件が起きました(笑)

お前なんで俺と結婚決めたん?って聞いてきたんです

我慢しろってゆうから我慢してんねんってゆっちゃったんですよねー(;''∀'')

俺我慢されてんの??そんなんで結婚できひんわ!!ってなって

別れることになりました。

それからは水商売でお酒を飲まず仕事してたんですけど

お腹が目立つってことで辞めることになったんです。

しかし働こうにも田舎で働く場所もなくってお金もなくって

食べるものもほとんどない状態でした。

母にもお金はしょっちゅう借りれないと思って妊娠8か月までは耐えました。

母がこっちにおいでと言ってくれたので、母にお世話になることになりました。

母は産むことは反対してたんです。

一人で育てることのしんどさを知っていたから。

ですが妹が押してくれたんです。

お姉ちゃん子供産みたいはずやねん!!って

家事はわたしが担当で仕事に行く母の背中をいつも申し訳なく見てました。

母によく言われてた言葉があります。

「まだ生まれたらあかんよー給料入ってからねー♪」

しかしむーさんはそんなことはおかまいなしです(笑)

昼寝をしてて軽く寝返りしたときに「ポンッ」ってはじける感触がおなかの中にありました。

破水ですよ(笑)

すぐに妹に連絡し、母にも連絡しました。

妹が家に来てくれて、母も帰ってきて病院に連絡しました。

妹と母は経験者なので余裕です。

初産やしーまだゆっくりしていいんちゃうーとか言ってテレビ見てるんですよねー

私はいつ生まれるかドキドキで耐えれなくて

「もう病院行こう!!!!」とお願いしました(笑)

ちょうど病院に着いたのが夕方過ぎた頃だったので、夕食は出ないからそちらでご用意してくださいと言われました。

妹が一旦家に帰るので、なんか買ってこっちくるわーと言って出て行きました。

夜になると陣痛も始まり、妹が来てくれたんですけど

「あ!!ご飯忘れた!!!(笑)(笑)」

空腹のまま出産になるわけです(c" ತ,_ತ)

たまにクラクラしながら陣痛と闘いましたー

そろそろ分娩室に行きましょうってことで分娩台に乗ったんですけど

看護師さんが間違えてボタンを押したようで

分娩台が縮みだしたんですよ(笑)

陣痛に耐えながら腰を少し浮かせて耐えましたよ(笑)(笑)(笑)

それからは4時間半ほどでむーさんが生まれてくれました。

感動しましたーーーー!

一応籍は入れてたので、むーさんは私生児にならずにすみました。

母は弟が障がい者だからか、五体満足か指はちゃんとあるか気にしていました。

最悪な彼氏でしたが感謝しているんです。

むーさんと出会えるきっかけを作ってくれたことは本当に感謝しています。

いーすととのなれそめ 

むーさんが保育所に行きだすとやはり気になるのは父親ですよねー

運動会とかお友達にはお父さんいるじゃないですかー

むーさんはどう思ってるのかなー

どう感じてるのかなー

気になって聞いてしまいました。

 

むーさんパパ欲しい?

 

むーさんは

「パパなんかいらーん!だってママだけでいいもん♪パパなんかおったらうっとうしいしー」

 

なんて言ってくれるんですよねー

 

でもほんまは?

 

「んー欲しいといったら欲しいけどー」

 

やっぱそうよねー欲しいよねえー

 

会社でもお見合いしたらとかいろいろ言われました。

でも育児と仕事で忙しいのに恋愛でまた一から始めて結婚までなんてめんどくせーーーー!と思ってて(笑)

私けっこう素の自分って出せないんですよ。

だから結婚したとしてもいろいろ気にしたり気を使ったりしんどいやろなーってのがわかってたんで

諦めてましたねー

 

むーさんもだいぶ手がかからなくなってきて我が家にノートパソコンとゆう素敵な電化製品が登場しました。

これが愛のキューピッドのノートパソコンになるとは

当時のわたしには想像もつかなかったですね(笑)

無料でなんか遊べるのないかなーと思って

昔ネカフェでやったことのあるハンゲームってゆうの思い出したんです。

そこでいろんなミニゲームとか遊んでたんですけど

そこにお絵かきの森ってのを見つけました。

絵は描くの好きだったんですけど、しょっちゅう描くとかでもなく

年に数回お絵かきする程度だったんです

でもそこでいろんな方々と出会い、絵のうまい人にも出会い

絵を描く楽しさを覚えました。

そんなときに、いーすとパパに出会いました。

最初は変わった人だなーと思ってて(笑)

とっつきにくいとゆーか、気難しそうやなーと思ってて

でも、めっちゃ絵うまーーー!!!すげーーーー!このひとーーーー!っておもってたんです。

そこからお絵かき仲間が何人かできまして

親友と呼べるほどの親友もできました。

素で話せる親友はここで知り合った親友以外いません(笑)

その仲間たちとスカイプで通話するようになり

いーすとパパも参加するようになっていました。

そこからむーさんと喋るいーすとパパの雰囲気や考え方話し方ふざけ方がいいなーなんて思うようになりました。

気づいたら恋してたんですねー

でも子持ちだしー私年上だしー恋愛対象じゃないわなーなんて

諦めてたんですねー

チャットでも仲間たちから

「貞ちゃんすきーーーーーーーーーーーーーー」

とかよく言われてて

それに便乗していーすとパパも

「俺も貞子はん好きーーーーーーーーー」

とか言ってくるんですよ

毎回便乗するよなーと思ってて

二人でよく通話するようにもなってました。

お互い水曜どうでしょうが大好きで一緒に動画を見たりして

この時間ずっと続けばいいなーとか思ったり(笑)

なんかきっかけ作ってまた動画見たりしたいなーとか思うようになったり

恋愛感情が増しましになっていってしまったんですよねー

でも、いーすとパパは東京で私は兵庫だからどう考えても恋愛できる状態じゃないなと葛藤してました。

でももう我慢できねー!!!ってなって聞いちゃったんです(笑)

 

いつも俺も好きーーーーとかいうけどさーそれって人としてなん

って(笑)

 

もう白黒はっきりさせてスッキリしたかったんです

もやもや考えるのめんどくせーーーってなってたんです(笑)

恋愛感情は絶対ないなと思いつつ聞いてスッキリしてしまおうと思って

 

「恋愛として好きやでーー」

って言われてびっくりですよ!!

 

通話でなくチャットしてて聞いてたので

 

え????うちも恋愛として好きやねん。。。。みたいなこと言って

 

それからすぐ着信きて

 

「結婚前提で付き合ってください」

と言ってくれました。

 

もう脇汗半端ないっすよ!!

 

むーさんが寝てる横で母は脇汗ダラダラっすよ!!

 

そんな感じで付き合うことになって、むーさんに報告しました。

むーさん大喜びです(笑)

 

いーすとパパはこっちで仕事探すと出てきてくれました。

 

付き合って一年後入籍し、むーさんに念願のパパができたんです。

サンタさんにお願いしてた通りのパパができたーーーー!!と喜んでくれました。

いーすとパパには私は素でいれるんです。

屁もできます(笑)

今までの恋愛とは違ってなんてゆうんでしょー

本当に好きなんだと思える人なんですよねー

今までは恋愛に恋愛してたんかしら?って感じがするんですねー

むーさんのパパになってくれて、私に恋愛っていいもんだよって教えてくれたいーすとパパは大きな存在です。

 

実はいーすとパパに出会う前ぐらいまで男性恐怖症が少しあったんですよね。

男性に対していいことがなかったり、痴漢されて怖いめにあったり、レイプ未遂もあったりで

男ってのはどーせやりたいだけなんだなって

そうゆう目に合う私にも責任はあるんだろうなって

私ってなんなんだろうって

コンビニとかで男性からお釣りもらうのも手が極力触れないようにしたり

後ろを男性が通ると寒気がしたりしたこともあったり

そんなことを吹き飛ばしてくれたんですねー

あーこの人は心から好きでいてくれてるんだなーって思えるとゆうかーなんちゅーか(笑)

むーさんのことも真剣に考えてくれて、むーさんからの感謝の手紙で泣いたり(笑)

弟にも優しく接してくれたり、3年ぐらい一緒にいますけど今も出会った当時も一緒の態度なんで

きっとこの人はこの先もずっとこんな感じで接してくれるんだなと感じました。

これが本音なんだろうな。

だからむーさんには、好きな人に嫌われたくないからって素の自分を隠さず

素でいれる相手がいたらそれは本物の恋愛だと思うよーって言ってます(笑)

あとがき 

私が歩んできた人生はいろいろありました。

隠すようなことはありません。

だから聞かれたらなんでも答えます。

シングルマザーになった経路も聞かれたら答えるんですけど

なんでそんな笑いながら話せるの?すごい大変だったでしょうよΣ(゚д゚lll)

って言われるんですけども

全部嫌な気分の時代は過ぎてるじゃないですかー

今はそれを経ての今なんで

それがなければ今の自分はないんじゃないかなーって

だから他人事のように話せるとゆうか

それがあったから、いろんな考え方ができるんじゃないかって思うんです

当時はしんどかったし辛かったし笑えないことたくさんありましたけど

そのおかげで、多少困難があっても

あんときに比べりゃなーなんとかできるやろーって思えるようになってます(笑)

振り返ってまたしんどく思ってしまったら、さらにしんどいじゃないですかー

まー過ぎたことやしな~戻れるわけじゃないし過ぎたからもういいやん♪って感じですね(笑)

考え方の転換って大事だと思うんです

私がそう思えるようになったのはTHE BOOMの「逆立ちすれば答えがわかる」って歌なんですよね

その歌の歌詞のなかに

考え方次第で世界は丸かったり

考え方次第でコンペイトウに見えたり

ってのがあるんですけどー

考え方の方向を変えたら気持ちが楽になることあるんだ!!と思ったんです

自分の経験も踏まえて考えたりもあるんですけど。

 

むーさんが勉強嫌いな科目あるんですけど

みなさんもそうだと思いますが。

学校だからどうしても学ばないといけないですよねー

学生時代は嫌々でも学んでいけばいいと思うんです。

そこでいい点数取らないとあかん!!とは思わないんです。

そこでいろいろ学ぶから未来で何か問題が起きたときに学んできたことが応用で閃くことがあるんじゃないかなと。

そのための勉強なのかなと。

算数だって大人になったら買い物したり計算しながらすることもあるじゃないですか。

それって算数を学んでたからできることですよねー

今日は予算これだけで買えるものはーっとって計算しながら考えれるのは学生時代に学んだからですよねー

だから点数は別に重要視してないんです。

むーさんが将来これを仕事にしたい!!!ってなったときに

必ず勉強するだろうしーと思って。

好きなことを知るときって自分でいろいろ調べて学ぶじゃないですかー

大人になって歴史おもしれーーーって思うことあるじゃないですかー

この武将はどんな生き様だったんだって調べたら自然と時代とかその当時の政治背景とかも知るんじゃないですかねー?

そこからもっと知りたいってなって勉強することってあると思うんです。

だから今は流されるままに勉強するんでいいと思うんですよねえ。

これは学生時代を経験し、今の自分がいて考えれたことです。

考え方の種類を増やせばそれなりに自分のなかで気持ちが楽になる答えがあるような気がするんです。

人生一度だけで、自分とゆう人間は一人だけ。

だったら毎日楽しく過ごせるほうがいいよなーって。

仕事しんどくても、帰りにむーさんに会えると思うと

しんどいことどうでもよくなります(笑)

今日楽しかったらそれでいい!!

なにか困難が起こったら、自分ができる範囲はどこまでか考えればいい。

それが間違ってないか誰かに聞けばいい。

一人で全部やろうとするとしんどいもんです。

でも誰かに相談、愚痴など言葉にするだけで気持ちや考え方ってのは解消は多少されるんじゃないかなと

だからって聞いて!!聞いて!!って気持ちを押し付けるだけじゃ相手に悪いですけどね(;´・ω・)

お互い話聞きますわよーーーって気持ち、なんでも話せるしなんでも聞ける仲間や家族に打ち明けるだけでいいと思います。

そんな人いねーーーわ!!って人はツイッターとかブログでもいいと思います。

今はいなくてもこの先見つかるかもしれませんしー

だって私30代で親友ができたんですもん(笑)

年は違っても一緒にいて落ち着くんですよねー。

しかも何しても笑える楽しい時間を過ごせれます。

親友が辛いときはわたしも涙してしまうこともあります。

もう親友とゆうより家族みたいな存在ですね(笑)

私の中で親友はかなりでかいです。

家族とゆうより恋人に近いかもしれないなー(笑)(笑)

 

とにかく吐き出すのは大事だと思いますねー

私は基本聞かれないと言わない性格なので、自分のなかで処理してしまうことが多いです。

でも、親友もいーすとパパも性格を知ってくれてるから聞きだしてくれるんで本当助かってます。

心から接してくれると私も心から接してあげたくなります。

本音や本心って本人にしかわからないです。

でもそれを信じて付き合えばいいんじゃないかと思うんです。

もしそれが裏切られていたのなら、知らなかったらラッキーだし

知って落ち込んだらそれは次に出会う人との教訓にもなるだろうし。

なんかうまく表現できなくて意味わかんないでしょ?(笑)

疑うってのがしんどいだけなんですけど(笑)

信じて裏切られたらしゃーないやん♪って。

あー。わたしとは縁がなかったんだなーと。

それに早く気づけよって天からのメッセージだったんだなと思ってます。

人との出会いは全て意味があると思ってます。

こうやってブログを読んでくださる方々も。

ネットで絡む方々も。

私の人生のなかで必要な出会いなんだと思っています。

という考え方、生き方の持ち主があたしなんす(*´-ω-)σ

 

長くなってすみません・・・

読んで疲れたんじゃないですー?

こんなの興味ある人いるのかなーと思ったりも(笑)

ただブログ書いてて、どんな人間なんだって気になった人に見てもらえたらなーと思いました。

私がそうなんで(笑)

気に入った人いるといろいろ知りたくなったり、どんな生き方なんだろーって思ったりするもんでー

 

そんな貞子やで今年41歳です(笑)

今後ともよろしくお願いいたします!!

そしていつも読んでくださってありがとうございます!!!!

本当に感謝してます♪

今日もみなさんにとって楽しい一日でありますように(*'ω'*)

いーすと家のプロフィールってのもあるよー 

 ここにいーすとの詳しく記された生い立ちが書かれてますー!!!

raseast.hatenablog.com