EAST HOME

【Apex Legends】っていうバトロワFPSがおもろい&初心者向け上達の心得【PS4】

f:id:Eastkin:20190921161428j:plain

皆さんお久しぶりっす!

ゲーム大好きいーすとが、なまら久々にブログ書こうと思いやす。

いーすと、FPSが大好きなんすけど最近は流行りのバトロワFPSApex Legends(エーペックスレジェンズ)ってゲームにどハマり中です。

ゲーム好きな友達の間でプチブームになってるスーパーミラクルエキサイトなゲームっす!

暇があればこればっかです。

めっちゃおもろいんです。

今日はこのゲームの魅力と、10年以上FPSを遊んできた僕ちんが、偉そうに上達の心得的なことを語ってみちゃおうかなと思います。

どうして心得を書こうと思ったかというと、フレとかと遊んでると文句ばかり言う人が多いんですよねー。

「当たんねー!こんちくしょー」とか。

「敵いたしー!ぎょえー!!!(やられた悲鳴)こもってんじゃねーよー!」とか。

聞いてても不快感しかないですよね。

そういう人にいーすとは直でこう言います。

文句言わんと上手くなるよう腕を上げたらええねん、と。

こう言うと大概の人は、スルーか、「ゲームごときに練習とかありえない」って言います。

オンラインゲーム全てに言えることだと思うんですが、ある程度の知識やマナーは持っておく方がみんな楽しんで遊べると思うんですよねー。

対人ゲーはとくに、協力ゲーよりプレイスキルがもろに出るし、プレイスキルが無いとストレスを感じてしまう事もあると思います。

この記事を読んで、少しでもストレスを達成感に変えて楽しさを味わって欲しいと思います。

ではでは、まず最初にどんなゲームなのかをウィキペディアさんから引用させてもらって説明したいと思います。

概要

f:id:Eastkin:20190922154317j:plain

『エーペックスレジェンズ』は、Respawn Entertainmentが開発し、エレクトロニック・アーツから2019年2月5日に配信開始した基本プレイ無料のFPS・バトルロイヤルゲーム。

タイタンフォールシリーズの世界観を引き継いでいるが、シリーズに登場するロボット「タイタン」は登場せず、「レジェンド」と呼ばれる特殊能力者たちが戦うバトロワFPSである。タイタンフォール2の30年後の設定で、フロンティア辺境地域における人気のデスゲーム「エーペックスゲーム」を描いている。

プレイヤー3人で1チームとなり、全20チーム、合計60人でのオンライン対戦が可能。徐々に狭くなるフィールドを探索してアイテムを回収しつつ、敵チームを倒し、最後まで残った1チームになると勝利。

配信開始から72時間でプレイヤー数が1000万人を超え、エレクトロニック・アーツの株価が大幅に上昇するといった影響を与えた。

初リリース日: 2019年2月4日

プラットフォーム: PlayStation 4Xbox OneMicrosoft Windows

Wikipediaさんから引用

個性豊かなスキルを持つキャラクター達

f:id:Eastkin:20190922154445j:plain

これが1番の特徴であり醍醐味!

キャラごとにパッシブ、戦術アビリティ、アルティメットの3つを持っています。

パッシブ=敵の足跡が常に見えたり、敵に撃たれたら姿を消したり等、ボタンを押さなくても自動で発動してくれるスキル。

戦術アビリティ=移動とか、トラップ、回避等のL1で発動するスキルです。クールダウンがある為ポンポン発動は出来ません。小技的なやつですかね。

アルティメット=爆撃とかジップライン引いて移動とか、ポータル作って移動とか、使い方次第では戦況に大きく影響するスキルで、アルティメットゲージが溜まると使えます。必殺技的なやつですかな。

アルティメット促進剤ってのがアイテムで落ちてて使うと、名前の通り促進してくれてゲージが溜まります。

どのスキルも、使い方次第で有利にする力を持ってるんで、ここぞという時に使って上手くいった時はテンション上がります。

ハマる理由

マッチングが早い

一番のハマる要因は、他のバトロワFPSよりもマッチングが早いので待ち時間がそんな無く、テンポよく試合ができてストレスにならない点ですね。

フォートナイトでは結構待たされることが多かったのでテンポいいのは中毒に繋がります。

トイレ行って間に合うか間に合わないかくらい早い。

大だと合わないかも。

試合展開が早い

キャラの動きが流れるように早いので、全体的に展開がスピーディーなのがいいです。

スライディングが早いこと早いこと。

もうね、開幕から割と速い段階で、残存部隊が半分とかよくあります。

60人20チームで、他のバトロワFPSよりも少ないからだと思いますがこれくらいのテンポがいーすとには丁度いいです。

ハイテンポって時間ない人にいいね。

1試合2分とかざらにあります。

即やられてw

スキルを使うのが楽しい

身代わりを出して敵を錯乱とか、周囲の敵をスキャンとかスキルを使いながら敵を倒すのが楽しいですねー。

このスキルがないと、ただ撃ち合うだけですよね。

それはそれで楽しいですが、スキルあると変化があるんで楽しいです。

3人1チームで多彩なスキルがあるので、みんなが主役になれる場面も多く、チームに貢献してるのが実感できるから楽しい。

さぁ、お次はエーペックスをする上で、心掛けてる事とかをお伝えして終わりたいとおもいます。

このジャンルは勝敗があるので、ただ適当にプレイしてても勝てません。

やるからには優勝したいじゃあーりませんかー!

勝つため、みんなが心地よく楽しむためにも最低限の心得は知っておくべきだと思います。

上達の心得

さて、これから書くことはバトロワFPSだけじゃなくて、FPS全般にも言えることです。

が!

心得を話す前に対戦型FPS自体初心者の方に言っておきたいことがあります。

このジャンルを好きになったなら、何があっても諦めないで欲しいです。

初めたばかりだと操作もままならなくて即倒されてしまって、それが続いてつまらなくなってしまうと言う人も沢山出てくると思います。

せっかく好きになったジャンルを嫌いになってしまっては勿体ないと思います。

いーすとも初めたばかりの時はそうでした。

いーすとが初めて遊んだシューティングゲームは友人からの誘いで始めたMGO(メタルギアオンライン)でした。

FPSじゃなくTPSってジャンルです。

上手く倒せずにやられてばかりの日々を送ってました。

やられてばかりで悔しい思い沢山しました。

やられるのが悔しすぎて次第に「上手くなりたい!」って思うようになりました。

それから、動画なりブログで上手い人の考え方とか動きを真似することを始めました。

ゲーム内チャットで上手い人に教えてくれって頼んだりもしました。

上手くなりたいと思うかどうかで、楽しさが変わってくるんだと思います。

コールオブデューティとかバトルフィールドのチームデスマッチの様に、リスポーンはこのジャンルのゲームにはありません。

厳しいっすよー!?

やり直しが効かない1回ポッキリの命なんで、一瞬の判断だったりミスが命取りになります。

そうなると相手に迷惑もかけちゃいますし、コントローラーのHPも削ることになります。

そうならない為にも、ゲームと並行してFPSの基礎とか、このゲームの知識を動画などで勉強して、知識を身に付けながら毎試合全力投球するのをオススメします。

動画は、自分では気が付かなかったことも沢山気づけて、チームにも貢献できるようになる為の知識をすぐにつけれます。

上手くなりたい方は暇があれば常に動画観ましょう!w

で、パクりましょう!

そうすれば上達の近道になりますよー。

それでは、この手のゲームを始めてやるぜ!上手くなりたい!って方の為に、いーすとからこれはやった方いいよーとか強くなるための心得をお伝えしたいと思います。

いーすとは決して腕前はいい訳ではありませんが、基本的な部分は少しは心得ているつもりなので多少なりとも参考にはなるかと思います。

それではいきます!

敵に弾を当てれるようになろう

初めのうちは上手く当てるのが難しくて、コントローラーを投げ捨てると思います。

ですが、こんちくしょうという気持ちを抑えて自分に合うAIM(エイム)感度を見つけて欲しいです。

とりあえず初めはトレーニングで、的を撃ちながら、自分がしっくりくる感度にしてみましょう。

f:id:Eastkin:20190925102820j:plain

画像の下のとこの移動/エイムに、「視点感度」「エイム時視点感度」という項目があり、そこから感度設定ができます。

視点感度は、L2で銃を構えない状態での視点の速度です。

ちなみに、銃を構えないで撃つことを、腰だめ撃ちなんていいます。

エイム時視点感度は、L2で銃を構えている状態での、視点の速度です。

画像では見えてませんが、実は一番下に細かく感度設定する項目の「視点感度の詳細設定」ってのがあって、数字でアバウトに設定してたのが、さらに細かいゲージみたいなので設定できます。

それがこちらです。

f:id:Eastkin:20190925105619j:plain

いーすとの設定は今はこんな感じです。

左右と上下を個別に設定できます。

右に項目の説明が書かれているので読みながら決めてみてください。

設定の仕方が分かったら次は、自分に合う感度の見つけ方なんですが、銃を構えない状態と構えた状態で、狙おう狙おうとするのではなく、無意識に的に照準を合わしてピッタリ合うようになるとバッチグーです。

まずは的を狙ってみて大体合う感度を設定しましょう。

いーすとは大体3くらいかなー。

かなり低感度です。

設定できたら、スティックを倒してみて、的から的へどれくらい倒せば届くかを確認して、体と頭にしっかりと叩き込みましょう!

これらを理解してある程度慣れてきたら リコイルコントロールもマスターしよう!

リコイルコントロールとは銃で撃った時の反動を右スティックを下に入力し続けて抑え、弾を当てる事を言います。

武器は基本的に撃ち続けると、上などに跳ね上がってしまって、リコイルコントロールしないとなかなか当てることが出来なくなるので必須の技術です。

レーニングで感覚を掴むといいです。

あと、横に動く的に構えて全弾当てる練習をしましょう。

敵は常に動いてるので、動いてる敵を当てるための練習も大事です。

近距離の撃ち合いは、左右に回避しながら腰だめ撃ちが有効です。

構えて撃つと腰だめに比べて移動速度がかなり落ちるため、重い銃だとほぼ棒立ち状態になってしまい負けることが多くなります。

腰だめ撃ちで、左右に回避しながら全弾当てれるようになったらめちゃくちゃ強いです。

構えて撃つのは、敵が中距離以上にいる時か、相手が背中を向けてる時など、余裕のある時がいいかもしれません。

味方と固まって動こう!

初心者さんに多いのが、物資集めに集中し過ぎて置いてかれたり、1人だけ違うところに移動して孤立してしまうことです。

そうなると、3人に囲まれてだいたいやられてしまいます。

神AIMと神立ち回りが出来るカリスマ初心者であれば楽勝かもしれませんが、そうでも無い限りは常に援護し合える位置にいることが鉄則です。

なので、ミニマップを常に見て味方の位置を把握しましょう。

あと、味方が戦闘してたら、物資あさりを辞めてすぐ援護に向かう様にしましょう。

但しアーマーと戦える武器が揃っていたらの話です。

揃ってなければ近くを探索して見つけ次第助けに行くみたいな感じです。

復活することが出来るので、慌てず間に合わなかった場合は周りに敵が居ないか十分に警戒しながら、機会を伺って速やかに復活させましょう。

敵が居て、助けれなさそうなら諦めるのも大事です。

なので、固まって前線を合わせながらだと援護し合えるし敵から集中砲火されることなく、ダメージを3人で分散させることが出来て、腕前しだいでは勝てます。

絶対に一人で行動はしないようにしましょう。

で、常にシグナルで敵の位置を教えたり、物資を教えたりすることも大事です。

たまに全くシグナルを出さない人いますが、NGです。

自分は必要なくても、味方の誰かは必要かもしれません。

教えてあげることで、チームが強化してていくと考えましょう。

有利なポジショニングを常に意識しよう!

初心者さんに多いのは、開けたとこや、遮蔽物のない所で長居して蜂の巣になることだと思います。

何も遮蔽物のない開けたところで長居してると格好の的になります。

速やかに遮蔽物に隠れましょう。

いーすとは、遮蔽物から遮蔽物に移動するようにしてます。

あと、開けたとこは周りみながら猛ダッシュで遮蔽物まで行きます。

敵はどこに隠れてるか分かりません。

先に攻撃喰らうとかなり不利になります。

なるべく攻撃はくらわないようにしてください。

もしくらってそれがヘッドショットなら大ダメージを受けて、下手すればダウンして、一気に詰めてくる可能性があります。

なので、できる限り遮蔽物に身を隠ながら移動して、被害を最小限に抑える様な動きがオススメです。

遮蔽物に常に隠れるように動いていれば、自分がクリアリングする方向を360°ではなく、180°と狭い範囲だけをクリアリングすれば良くなるので楽です。

あとは、敵よりも高所を取ること。

何故かと言うと、こっちからは敵の体全体が見えて、ヘッドショットも当たりやすく、敵を詰めるために降りるのも楽なのに対し、相手側からしたらこっちは頭しか見えないため狙いにくい、詰めようにも登りにくく、時間がかかります。

といったように高所強いです。

逆に高所にいる敵は相手にしないのが一番です。

まず勝てないと思った方がいいと思います。

不利な場所で無理に戦う必要は無いので、不利な位置で戦闘になったら速やかに有利なポジションに移動するか、無視しましょう。

一つ一つの判断ミスが命取りになります。

最初から最後まで気を抜かずにいきましょう!

常に敵が出てきそうな所に標準を合わして、イヤホンで音を聞いて索敵する。

初心者さんは、若干下めに標準を向けて、急に撃ち合いになってAIM合わせるのが遅れてしまってやられてしまう。

そうではなく、照準は出てくるかもしれない場所に常に照準を向けながら移動しましょう。

だろう運転みたいな。

そうすることで、いきなり出てきた敵に対してすぐ反応出来て、攻撃も早く当てることが出来ます。

じゃあ、敵はどこにいるのか。

周りを見て、足音をしっかりと聞くことです。

音に関しては、足音、銃の撃った音、スキル、回復してる音等、色んな音が聞こえます。

その音をしっかり聞いて敵の場所を把握することができます。

いま敵の回復してる音が聞こえたから攻めようとか、単独行動してて敵の足音近くでめっちゃするわ2、3人いるわと思ったら一旦引くとか、色んな考えも生まれます。

で、音を聞くときはテレビのスピーカーからではなく、イヤホンで聞きましょう!そうすれば、左右どっちから音が鳴ってるかハッキリ分かりますんで。

敵が左右どっちにいるか、上下どっちにいるかまで分かるようになって正しい判断ができるようになります!

棒立ちはしないでなるべく動こう

物資あさり中や戦闘中、同じ位置でずっと立ってると、だいたいグレネードやら投げ物が飛んできます。

なので、常に動いて回避できるようにしましょう。

遮蔽物の右から撃ったから次は左からとか、常に位置を変えて敵を惑わせるような動きをすると相手も位置がわからなくなって困ったりします。

投げ物は積極的に使おう!

なんとなくですが、初心者さんはあまりグレネードとか使わないイメージがありますが、敵がいる場所に積極的に投げるとあら不思議、結構当たってくれて大ダメージを与えられることも結構あります。

攻めるきっかけ作りにもなるのでオススメです。

常に1対1の状況を作り出すように戦おう。

戦闘時、1対複数の状態ではほぼ勝てないと思うので、回避スキルや遮蔽物を利用して、被弾しないように1対1になるまで動き回ろう。

1人づつ相手にする方が勝率は上がると思います。

こっちのシールドが禿げたら一旦引いて回復をしよう!

よく、ダウンするまで構えながら前進して撃ち合ってる人いますが深追いは禁物なので、シールドが禿げたタイミングで引いて回復がオススメです!

味方と近距離で一緒に戦っている時は、味方に援護してもらって、自分はすぐ援護に戻れる味方よりちょっと後ろで回復すればいいですが、味方との距離があるときに自分1人が撃ち合いになった時は、撃たずにガン逃げしましょう。

だいたい粘るとダウンして確殺いれられます。

倒すよりも、やられない事の方が大切ななので引く時は早めに引く。

あと、こまめに回復しましょう。

戦闘中でもスキをついて回復しましょう。

テンパってなかなか出来ないかもですが、出来るようになればダウンしにくくなると思います。

で、体勢を何回でもいいから建て直して挑めば勝てると思います。

敵がたくさん降りる場所はほぼ運ゲーだから気にしないでねー

よく野良とやってると名前付きの敵がよく来るとこに降りる人がいます。

敵と一緒に同じとこに降りちゃって足音のオンパレードになったり。

こういう時は、武器が無かったり、あってもハンドガンだったり、敵が紫シールド来ててガチガチだったりと、ガチャ引いて何が当たるかわかんな〜いって感じになるので結構運ゲーです。

やられても気にしないでください。

ガチャガチャが昔から好きで、何当たるかわからないから面白い!!って人ならドンドン激戦区行きましょうw

そうでない方は名前なしの場所から少しづつ装備を集めて戦えるように万全の体制を整えましょう!

慣れてきて、戦闘の練習がしたい人は行くのもいいかもしれません。

チームワーク、武器ガチャ運次第では生き残れたりしますし。

いーすとは戦闘がしたい時に行ってます。

なかなかおもろいです。

途中抜けは絶対にやめよう

自分がやられて途中抜けする人多いんですがやめましょう。

例えば、試合開始後すぐ1人で先に行って孤立してやられて抜けたりしてる人いますが、抜けた人はどうして抜けたのでしょう?

どうせ負けるから?

いじけて?

観てるの暇だから?

もしもこの考えで抜けたのであれば、このゲームやらない方がいいかもしれないです。

やられたのは自分の腕が未熟だからだと思うんです。

自分がダウンして確キルされたから終わりではありません。

まだチームは2人残ってます。

蘇生してもらうまで待つのが正しい行動だと思います。

蘇生してもらう迄の間、味方の動きを見て自分に取り入れるなり勉強できます。

人数不利になったらかなり厳しくなるんです。

みんなが気持ちよく遊べるように皆さんも途中抜けはしないで最後まで諦めないでくださいねー。

最後に

心得はこんなところでしょうか?

偉そうにガーガー言うてきましたが、いーすとの心得は基本であり、かなり大切なことで上手い人はみんな心得ている事です。

上手くなりたい人は、必ず実践しましょう。

AIM力もある程度必要ですが、こればっかりは慣れと毎日コツコツ練習して鍛えるしかないと思います。

ゲームだけに限った事ではなくて、何事も考えて、練習して、自分を見つめていけば必ず上達すると思うので、どうせゲームだからと言わず向上心を持って楽しく遊びましょう。

1日プレイしないだけでもかなり感覚が鈍るので、毎日プレイするようにしてくださいねー!

それでは、お互い強くなるため精進しやしょう!

ではまた!